HOME > サービスご案内 >リベラルアーツ/教養教育 哲学的思考入門

自分の言葉で「考え」る-ソクラテス、デカルト、ベーコン

リベラルアーツ研修・教養研修 「哲学的思考入門」-自ら考える

「教養とは、当たり前とされていることを疑う能力を培うこと。古典を学んでも知識が増えるばかりで単なる自己満足に終わっていたら、全く意味はありません」
(弊社代表コメント、東京新聞 『こちら特報部』 ビジネスマンよ 哲学を学べ 狙いはリーダー育成 より )

企業人にとって、古典/教養は「読むもの」ではなく「使うもの」

"社員の人格と人間力"を育てるリベラルアーツ/教養教育 (自分で考え続ける
社会人・企業向けリベラルアーツ研修 <ビルドゥング>  No.2:「哲学的思考入門」

1.ビルドゥングについて

現在のビジネスパーソンの最大の弱点とは何でしょうか?
それは「職業人としての能力は高いが、一個の人間
としての 能力 は必ずしも高くない
」ということです。

戦略、会計、マーケティング、業務プロセスに、人/組織
・・・どれも「ビジネス領域の能力」です。
では、仕事と直接関係しない「人間としての質を左右する能力」、
特に 「金/利益/損得などとは異なる仕事で重視されない
領域の能力
」 はどうでしょうか?

人事部長は3人が研修で学んだスキルを生かせずに悩んでいる原因が分からなかった。
でも私は分かった。

3人とも
 「組織とは何なのか」
 「仕事とは何なのか」
 「組織の中で働くということはどういうことなのか」
という「そもそも論」が分かっているようで実は分かっていなかったのである。

教科書的な能書きではなく、その人自身の人生観に基づいた「組織観」や「仕事観」が希薄だったのである

スキル以前に大切なものがあるのだ。
しかし多くの会社や多くの個人はこのことに気づいていない。

中沢努「<深く考える>序開き」から抜粋)  


これからのビジネスパーソンに必要とされるものは「ビジネススキル」+「人間としての質を高める教養」です。
ビルドゥングは、パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニーのアカデミックなバックグラウンドである「哲学」と経営コンサルティングの場で得られた「現場での経験」が融合したユニークなメソッドによって行われる社会人・企業向けのリベラルアーツ教育プログラムです。

2.哲学的思考入門について

哲学的思考入門は この<ビルドゥング>シリーズの教育プログラムで、「すでに知っていることを深く考える力」を学ぶためのコースです。

私たちが日常生活で「そうだ」と思っていることは「半分の正解」でしかありません。
あなたが思っている「正解」は共同幻想であり、思い込み(ドクサ)であることが多いのです。

皆さん、新聞の見方や新聞の読み方って知っていますか?

スピード?
量?
背景知識の豊富さ?

どれも違います。

答えは「新聞をいくら読んでも本当のことなど分からない」ということを「きちんと自覚する」ことです。

コストを下げた会社が賞賛された。
生産性を高めた会社が賞賛された。
リストラを断行した会社が賞賛された。

しかし本当に賞賛できるのだろうか?

確かに、社員に強いたコスト削減努力を上回るものを社長が残したのであればいい。
確かに、生産性を高めるために社員が行った創意工夫を上回るものを社長がやったのであればいい。
確かに、リストラの断行で被った社員の犠牲を上回る犠牲を社長が払ったのであればいい。

・社長がどれだけコストを下げたか?そして、それは量や質の面において社長としてふさわしいものだったのか?
・社長がどれだけ生産性を高めたか?そして、それは量や質の面において社長としてふさわしいものだったのか?
・社長がどれだけ犠牲を被ったか?そして、それは量や質の面において社長としてふさわしいものだったのか?

このような点を追求し、掘り下げ、評価論評した報道を私は知らない。
しかしコストを下げ、生産性を高め、リストラを断行した会社を或いはその会社のトップを褒め称える論評は知っている。

私たちが普段目にしている報道や論評はこの程度のものだ。

このような報道や論評を読んで、ものが分かった気になってはいけない。

(出典) http://profile.ne.jp/w/c-39694/

 

新聞だけではありません。テレビもラジオ雑誌もそうです。
流通している・・・特に商業ベースの・・・情報なんてこの程度のものです。

中沢努「<深く考える>序開き」から抜粋

 

世の中の多くは「便宜上そうなっている」「便宜上そうしている」だけで「本当だからそうしているわけではない」ということがたくさんあります。

このような問題意識の下で「本当にそうなのか?」「本当にこれでいいのか?」というテーマで具体的な事例を用い、「深く考える経験を通して本質的思考力を鍛えていきます。


教材からの抜粋例 (1): あなたの「物事の本質を見抜く力」をテストする

【問1】
「解決策をスピーディーに出す有能コンサルタント」を雇うデメリットとは何か?

【問2】
「わかりやすいと定評のある講師」に研修を依頼するデメリットとは何か?

【問3】
「読むだけですぐわかる」読者に親切なビジネス書を読むデメリットとは何か?

*ヒント*
答えは「費用が高い」とか「評判倒れ(実際はそれほどでもなく)で失望する」といった類のものではない。

★ テスト結果 ★
(A)下のリンクを読んで「ドキッとした人」は本質を見抜くセンスのある人です。
(B)「だから何?と思った人」は本質を見抜くセンスを磨く必要がある人です。
(リンク先 http://profile.ne.jp/w/c-38904/ )

あなたはどちらでしたか?

中沢努「<深く考える>序開き」から抜粋) 

 

教材からの抜粋例 (2):事実とは何だろう?

テレビを見ながら朝ごはんを食べる人がいる。
新聞を読みながら通勤する人がいる。
ネットで検索しながら仕事をする人がいる。

私たちはそうやって情報を得、利用し、時にはそれを他人に伝えたりする。
そういうやりとりが「現実」として眼前に現れ、それが集まり、やがて「事実」となる。

しかし、考えてみて欲しい。

テレビで見た/聞いた情報は、どこまで「本当」なのか?
新聞で読んだ情報は、どこまで「本当」なのか?
ネットで拾った情報は、どこまで「本当」なのか?


もちろん、多くの人は「全てが本当だ」とは思っていない。

しかし「全てが本当だとは思っていない」という「個人の懐疑的認識」が集まり、全体性を帯びると、「情報」は「現実」として独り歩きし、いつの間にか正当性を獲得してしまう。

結果として、テレビや新聞やネットの情報は「事実的現象」として認知され、いつの間にか"的"が抜けて「事実現象」となり、次いで"現象"が抜け、最後に「事実」となる。

それが私たちの日常だ。

しかし、これで本当にいいのだろうか?

デカルトは「コギト・エルゴ・スム(私は考える、ゆえに私は存在する)」といった。
方法的懐疑というやつである。

中沢努「思考のための習作」から抜粋

 

教材からの抜粋例 (3):エポケー(判断中止)してみる

今から20年後。
庶民の所得水準は上がっているだろうか?

答えは分からない。
しかし、「上がらない」或いは「下がる」と感じている人は多いだろう。

では、今から20年後の社長のそれはどうだろうか?
上がるか?、下がるか?、イーブンか?

こちらも答えは分からない。
しかし、「上がる」或いは「イーブン」と感じている人は多いだろう。

さて、これを読んでいるあなたも同じように感じていたとしよう。

すなわち、
「庶民の所得は下がる」
「社長の所得は上がる」。

変だと思わないだろうか?

マルクスは「資本家は労働者の労働力の使用価値を手に入れる。しかし労働者には労働力の交換価値しか支払わない」と喝破した。

 

良し悪しの議論は別にして、まあそれが現実であろう。
「まあ、しかたないさ・・・」が庶民の実感値かもしれない。

しかし、そういう「感じ」に流されていいのだろうか?

ここで、皆さんに提案します。
実感値に敢えて逆らい変だぞという気持ちを持続させてみる』を。

エポケー判断中止)の始まりです。

フッサールは現象学的還元という思考の方法を提示しました。
現象学的還元とは「自然的態度の一般定立の徹底的変更」のことです。
これをやるためには、自分の眼前の事物をいったんカッコに入れ、それに対する判断を停止させればいい。

だから、「まあ、しかたないさ・・・」をカッコに入れ「それが現実さという判断を停止させるのです。
さて、あなたには何が見えてくるでしょうか?

中沢努「思考のための習作」から抜粋) 

 

世界で通用する優秀な組織や人材は、経済性だけでなく社会性と人間性を併せ持ち、広い視野で考え行動します。
・・・その領域にまで達した企業だけが自らを誇り、称賛される。
・・・その領域にまで自分を高められた社員だけが生き残れる。

仕事の質はそれをやる人間の質存します。
人間の質ビジネススキルだけでは高まりません。

これからの企業は人間としての質を上げる教育」をしなければなりません。
本研修は、そのような"本物の人材"を育成するための親しみやすく分かりやすい」コースです。

特徴 考えさせる「おもしろい教養教育」の考えをふまえ行います。
内容 こちら からお問い合わせ下さい。
研修名 社会人・企業向けリベラルアーツ研修 <ビルドゥング> No.2:「哲学的思考入門」

対象 若手社員
中堅社員
管理職
定員 少人数で行います。
備考
  • 弊社の教養・リベラルアーツ教育、東京大学の後にNHKで紹介されました。
  • 弊社代表 中沢が日経紙面と日経電子版で採りあげられました。
  • コンテンツの検討・作成・実施など、全てを代表者の中沢が行います。

本研修のご相談、お問い合わせはこちらへ

★研修企画・ご検討の参考に★

【哲学用語】

  • 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「イデア」 http://profile.ne.jp/w/c-57331/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「ドクサ」 http://profile.ne.jp/w/c-57370/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「洞窟の比喩」 http://profile.ne.jp/w/c-57604/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「四元徳」 http://profile.ne.jp/w/c-57608/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「形相」-エイドス http://profile.ne.jp/w/c-57651/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレス「観照 観想」 テオリア http://profile.ne.jp/w/c-57654/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「中庸の徳」知性習性 http://profile.ne.jp/w/c-57656/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「最高善」 http://profile.ne.jp/w/c-59058/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 アウグスティヌス(アウグスチヌス)の「恩寵」 http://profile.ne.jp/w/c-59328/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 ストア派(ゼノン)の「アパテイア」 http://profile.ne.jp/w/c-59372/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 エピクロスの「快楽主義」-アタラクシア http://profile.ne.jp/w/c-59706/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 「普遍論争」-中世スコラ学 http://profile.ne.jp/w/c-60144/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 アンセルムスの「実在論/実念論」 http://profile.ne.jp/w/c-60443/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 ロスケリヌスの「唯名論」 ノミナリズム http://profile.ne.jp/w/c-60864/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 アベラルドゥスの「概念論」 http://profile.ne.jp/w/c-61100/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 ニコラス・クザーヌスの「反対の一致」 http://profile.ne.jp/w/c-61452/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 モンテーニュ「クセジュ」Que sais-je ? http://profile.ne.jp/w/c-61773/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの「コギト・エルゴ・スム」 http://profile.ne.jp/w/c-62085/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「明証性の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-62386/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「分析の規則」  http://profile.ne.jp/w/c-62595/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「総合の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-63059/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「枚挙の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-63396/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの機械論/機械論的自然観 http://profile.ne.jp/w/c-63720/
  • 12か月で学ぶ哲学用語 東電社内事故調とデカルト的思考の接点 http://profile.ne.jp/w/c-64069/
  • 【哲学的思考】

  • 哲学的思考入門 (初級)その1 http://profile.ne.jp/w/c-55321/
  • 哲学的思考入門 (初級)その2 http://profile.ne.jp/w/c-55322/
  • 哲学的思考入門 (初級)その3 http://profile.ne.jp/w/c-55351/
  • 哲学的思考入門 (初級)その4 http://profile.ne.jp/w/c-55457/
  • 哲学的思考入門 (初級)その5 http://profile.ne.jp/w/c-55567/
  • 哲学的思考入門 (初級)その6 http://profile.ne.jp/w/c-56070/
  • 哲学的思考入門 (初級)その7 http://profile.ne.jp/w/c-56071/
  • 哲学的思考入門 (初級)その8 http://profile.ne.jp/w/c-56213/
  • 哲学的思考入門 (初級)その9 http://profile.ne.jp/w/c-56368/
  • 哲学的思考入門 (初級)その10 http://profile.ne.jp/w/c-56470/
  • 日常語の哲学とは http://profile.ne.jp/w/c-60687/
  • 最新コラム(A)

  • ・こんなのはじめて!考えさせる「おもしろい教養教育」(研修・講座)  http://profile.ne.jp/w/c-165901/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(1) 伝記  http://profile.ne.jp/w/c-164600/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(2) 人間の心  http://profile.ne.jp/w/c-164707/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(3) 公共性  http://profile.ne.jp/w/c-164789/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(4) 格差  http://profile.ne.jp/w/c-165003/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(5) 不正  http://profile.ne.jp/w/c-165049/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(6) 倫理  http://profile.ne.jp/w/c-165257/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(7) 思考とコピペ  http://profile.ne.jp/w/c-165364/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(8) 考える方法  http://profile.ne.jp/w/c-165573/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(9) 先入見  http://profile.ne.jp/w/c-165612/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(10) 盲目  http://profile.ne.jp/w/c-166198/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(11) 自分  http://profile.ne.jp/w/c-166446/
  • ・教養・リベラルアーツ講座(12) 知識と人生の質  http://profile.ne.jp/w/c-166951/
  • 最新コラム(B)

  • 「新・考えるための素材」
  • ※ システムトラブルによるブログ消滅に伴い、0001から順次新サイトへ移行中です。
  • (2017-02-23) 0001 CIAの拷問と部下の操縦術 http://profile.ne.jp/w/c-180604/
  • (2017-02-24) 0002 iPhoneの製造現場と見えない貧困 http://profile.ne.jp/w/c-180625/
  • (2017-02-27) 0003 STAP細胞問題と倫理 http://profile.ne.jp/w/c-180686/
  • (2017-03-01) 0004 これが「ブラック企業」と「普通の会社」の差 http://profile.ne.jp/w/c-180763/
  • (2017-03-03) 0005 「公共」の気持ちを持てない人 http://profile.ne.jp/w/c-180818/
  • (2017-03-06) 0006 「皆がやっているから・・・」という心理 http://profile.ne.jp/w/c-180919/
  • (2017-03-08) 0007 前の入居者の自殺を知らされずに部屋を借りてしまったら http://profile.ne.jp/w/c-180994/
  • (2017-03-10) 0008 なぜ人は、税金を「払いたくない」と思うか? http://profile.ne.jp/w/c-181043/
  • (2017-03-13) 0009 麻痺するとこうなる・・金持ち令嬢(副社長)が暴走した理由 http://profile.ne.jp/w/c-181121/
  • (2017-03-17) 0010 なぜ格差が拡がる? ピケティ、新自由主義、そして・・ http://profile.ne.jp/w/c-181266/
  • (2017-03-23) 0011 日本社会 日本企業-女性が活躍するためのポイント http://profile.ne.jp/w/c-181421/
  • (2017-04-11) 0012 スマホばかり見ちゃうわけ ―どうしたら止められる? http://profile.ne.jp/w/c-182064/
  • ※ 以下は順次移行させます。お時間を頂きたくお願い申し上げます。
  • (2017-01-30) 0102 誰だって「間違え」る。だから相手を「許そ」う。
  • (2017-01-23) 0101 Get close to classics. You would have better insight and deeper understanding what you see.
  • (2017-01-16) 0100 信頼は「一貫し続ける」ことから生じる
  • (2017-01-05) 0099 人は必然性があれば相手の言葉を聞こうとする
  • (2016-12-26) 0098 失敗しても、自分に正直になればそれに立ち向かえる
  • (2016-12-19) 0097 No words and No logic. Tears tell you all.
  • (2016-12-12) 0096 基礎を軽視した人間は中途半端で終わる
  • (2016-12-05) 0095 誰かを罵倒しても、人は変わらない
  • (2016-11-28) 0094 日常をていねいに生きている人だけに見えるもの
  • (2016-11-21) 0093 問題から逃げると、結局、その問題が次の問題を生み出す
  • (2016-11-14) 0092 「厳しさ」があるから「本当の優しさ」が生まれる
  • (2016-11-07) 0091 「成し遂げたい」という強烈な意志がないのに手法を追っても、上手くいかない
  • (2016-10-31) 0090 なぜ生きるのか?-自分なりの意味付けがないと流される
  • (2016-10-24) 0089 今日を精一杯生きることなしに未来の成長はない
  • (2016-10-17) 0088 全体主義はある種の思考停止から生まれる
  • (2016-10-11) 0087 本当に大切なことは「日常」にある
  • (2016-10-03) 0086 Where there is a will, there is a way.
  • (2016-09-26) 0085 日常をおろそかにした成長は偽物に終わる
  • (2016-09-20) 0084 教養講座(40) 他人の「心の痛み」を理解するには
  • (2016-09-12) 0083 教養講座(39) 自分を本気にし、相手を本気にさせる方法
  • (2016-09-05) 0082 教養講座(38) 裏側から本質を覗く-商売の論理から透けて見えるもの
  • (2016-08-29) 0081 教養講座(37) 人間力の磨き方
  • (2016-08-22) 0080 教養講座(36) 上司に必要な「人としての力」
  • (2016-08-01) 0079 教養講座(35) 社会的責任
  • (2016-07-25) 0078 教養講座(34) 「顧客満足」を高めたかったら
  • (2016-07-19) 0077 教養講座(33) 道徳心と快楽
  • (2016-07-11) 0076 教養講座(32) 「勝ち組」の人生を送るには
  • (2016-07-04) 0075 教養講座(31) 小さな快を迫うことで失う「大きなもの」
  • (2016-06-27) 0074 教養講座(30) 人の心を動かす力とプレゼンテーション
  • (2016-06-20) 0073 教養講座(29) 見えているものばかりを見ていると、ものが見えなくなる
  • (2016-06-13) 0072 教養講座(28) 人は見かけで判断できるか?
  • (2016-06-06) 0071 教養講座(27) 「薄っぺらな精神」と決別するには
  • (2016-05-30) 0070 教養講座(26) 仕事に効く「力の源泉」-それは何?
  • (2016-05-23) 0069 教養講座(25) 街中に溢れる「他人との距離が取れない人」
  • (2016-05-16) 0068 教養講座(24) 利便性と幸福
  • (2016-05-09) 0067 教養講座(23) 「裏返しの思考」-事象を反対から見る力
  • (2016-05-02) 0066 教養講座(22) 本当の付加価値を生み出すには-仕事とリベラルアーツ
  • (2016-04-25) 0065 教養講座(21) 評価,フィードバック,コーチング と「語る力」(スキルとリベラルアーツ)
  • (2016-04-18) 0064 教養講座(20) どうすれば「気づき」が得られる?-気づきとリベラルアーツ
  • (2016-04-11) 0063 教養講座(19) 身近な人(部下、夫、妻、子供 他)を褒めるには-褒める気持ちと教養
  • (2016-04-04) 0062 教養講座(18) こうすれば止められる-夫や妻へ愚痴
  • (2016-03-28) 0061 教養講座(17) 続・ どうすれば「分からない」を退治できる?-学びと教養の関係
  • (2016-03-21) 0060 教養講座(16) どうすれば「分からない」を退治できる?-学びと教養の関係
  • (2016-03-14) 0059 教養講座(15) 部下を評価する人に必要なのは「価値判断力」
  • (2016-03-07) 0058 教養講座(14) お金の心理学-「年収800万の社員」と「年収5億の社長」
  • (2016-02-29) 0057 教養講座(13) 私の先生は「残念な人」です
  • (2016-02-22) 0056 教養講座(12) 何のために働くのか?
  • (2016-02-15) 0055 教養講座(11) 軽んじられる親と一目置かれる親の違い-「親力」の源泉
  • (2016-02-08) 0054 教養講座(10) 「学び」は見えるか?-学びの本質
  • (2016-02-01) 0053 教養講座(9) 精神論
  • (2016-01-25) 0052 教養講座(8) 信頼
  • (2016-01-18) 0051 教養講座(7)「知る」効果
  • (2016-01-12) 0050 教養講座(6) 鋭い思考
  • (2015-12-28) 0049 教養講座(5) 内省する方法
  • (2015-12-21) 0048 教養講座(4) オリジナリティーの磨き方
  • (2015-12-14) 0047 教養講座(3) 成功と精神
  • (2015-12-07) 0046 教養講座(2) 新聞の読み方
  • (2015-11-30) 0045 教養講座(1) 伝記の読み方
  • (2015-11-16) 0044 「嫌な上司」が生まれるメカニズム
  • (2015-11-09) 0043 本の内容を最速で吸収する方法
  • (2015-11-02) 0042 「わからない」ことに対する耐性
  • (2015-10-26) 0041 想う相手があり、想われる相手がある・・ということ
  • (2015-10-19) 0040 考える脳、考える体 -どうすれば「考え」られる?
  • (2015-10-05) 0039 地球と人間、どっちが偉い?
  • (2015-09-28) 0038 表の自分と本当の自分
  • (2015-09-14) 0037 リベラルアーツや教養って、なぜ必要?
  • (2015-09-07) 0036 「大人が成長する」のに必要なもの
  • (2015-08-31) 0035 「ありがとう」と言えない人
  • (2015-08-24) 0034 8月の気づき-視野を拡げる
  • (2015-08-10) 0033 こころの力
  • (2015-08-03) 0032 苦労の代償-そのために差し出すもの
  • (2015-07-27) 0031 やたらにノウハウを欲しがる企業
  • (2015-07-21) 0030 塵芥から光を見る-異臭を放つ浮浪者
  • (2015-07-13) 0029 「自分の意見」を持てない、今の大人
  • (2015-07-06) 0028 一流と三流の差
  • (2015-06-29) 0027 なぜ「本当に考える」ができないのか?
  • (2015-06-22) 0026 創業社長と社員の間にそびえる絶望的な壁
  • (2015-06-15) 0025 仕事が与えてくれる、お金ではない「もう一つのもの」
  • (2015-06-08) 0024 成功本とかノウハウ本を読んでも駄目な理由(ワケ)
  • (2015-06-01) 0023 人生の質
  • (2015-05-25) 0022 こんなコンプライアンス研修、いいのか?
  • (2015-05-18) 0021 ビジネススキルの肥大化
  • (2015-05-11) 0020 「いい世の中を作ろう!」という集いの不思議
  • (2015-04-27) 0019 法令を守れない企業-経営陣は何に負けたか?
  • (2015-04-20) 0018 気づけない社長・・・ある経営者の言い分
  • (2015-04-13) 0017 新聞をとっていると見えてくるもの
  • (2015-04-06) 0016 「ことば」で人を動かすには・・どうしたらいい?
  • (2015-03-30) 0015 (続)不祥事を起こした「東洋ゴム」―社長の言葉と再発は防げるか?
  • (2015-03-23) 0014 不祥事を起こした「東洋ゴム」―社長の言葉と再発は防げるか?
  • (2015-03-16) 0013 「権威を笠に着る」ことで失うもの
  • 最新コラム(C)

  • 「日常を変えるための寸言」 http://www.cw2.jp/nakazawa/pc/archives/cat144/index.html
  • (2016-01-06) 0002 When you run out of steam, have a break, and talk to yourself.
  • (2015-12-30) 0001 Open your eyes, open your mind. You will get "something different".
  • 最新コラム(D)

  • 「残念なリーダー」と言われないためには https://executive.mynavi-agent.jp/news/2016/20160323.html
  • 部下を成長させる上司になるために https://executive.mynavi-agent.jp/news/2016/20160113.html
  • 【月刊総務オンライン】 さあ、リベラルアーツ研修/教養研修をはじめよう!

  • リベラルアーツとは何か? http://www.g-soumu.com/column/2013/11/liberalarts01.php
  • リベラルアーツとビジネススキル http://www.g-soumu.com/column/2013/12/liberalarts02.php
  • リベラルアーツを学ぶ理由 http://www.g-soumu.com/column/2014/01/liberalarts03.php
  • リベラルアーツとグローバル化 http://www.g-soumu.com/column/2014/02/liberalarts04.php
  • リベラルアーツとCSR http://www.g-soumu.com/column/2014/03/liberalarts05.php
  • リベラルアーツとダイバーシティ http://www.g-soumu.com/column/2014/04/liberalarts06.php
  • リベラルアーツ研修の種類 http://www.g-soumu.com/column/2014/04/liberalarts17.php
  • 企業内リベラルアーツ教育の方法 http://www.g-soumu.com/column/2014/05/liberalarts08.php
  • リベラルアーツ研修/教養研修の事例紹介 http://www.g-soumu.com/column/2014/06/liberalarts09.php
  • リベラルアーツ研修導入の実務 http://www.g-soumu.com/column/2014/08/liberalarts10.php
  • リベラルアーツ研修-社内導入と企画のステップ http://www.g-soumu.com/column/2014/11/liberalarts11.php
  • リベラルアーツ研修-企画書の作り方 http://www.g-soumu.com/column/2015/02/liberalarts12.php
  • コラム例 (1)

    人気番組の司会者が「この野菜は健康にいい」と紹介した。
    翌日から「その野菜」は品薄になった。
    1ヶ月後、「それ」は誰にも見向きされなくなっていた。

    ある国から輸入した食品に毒が入っていた。
    人々は憤り「安物は駄目だ。これからは高くても国内産を買おう」とつぶやいた。
    半年後、その国から輸入された食品の売上高は回復していた。

    地震が起こった。
    家がつぶれ、道が無くなり、人間が死んだ。
    ニュースを見た多くの人々は、恐怖を感じた。
    1年後、ほとんどの人はその恐怖を忘れ、日常の雑事に追われていた。

    そして今、正義の本が売れている。
    不正義が横行しているためなのだろうか。
    「正義」を語ることがちょっと知的に、そして新鮮に感じられているようだ。

    1ヶ月後。
     ・・・正義への関心は薄れていないだろうか?
    半年後。
     ・・・正義の本を読んだ時の気持ちをどれだけの人が憶えているだろうか?
    1年後。
     ・・・世間は正義の本をとりあげ続けているだろうか?

    中沢努「思考のための習作」から抜粋) 

    コラム例 (2)

    (A)
    理由は不明だが、いつもどこかで誰かが会議をしているという「会議長者」の会社があった。
    お気の毒である。
    なぜなら、その大半は「会議のための会議」であって本当に意味のある会議は少なかったからである。

    (B)
    会社の業績をより正確に評価したいという理由で多数の組織業績指標を設ける会社があった。
    お気の毒である。
    なぜなら、指標化するための数値入力など指標管理業務が忙しくなり、本来業務の方に手が回らなくなったからである。

    (C)
    社員のやる気を引き出したいという理由で職位を乱発した会社があった。
    お気の毒である。
    なぜなら、タイトルを"自分の実力の現れ"と思い込んだ「勘違い社員が続出したからである。

    イギリスのスコラ哲学者W・オッカムは必要なしに多くのものを存在させてはならない」(オッカムの剃刀)と言った。

    あることを成すのにAとBの2つがあれば大丈夫である場合はそれ以外のCやDを増やしてはならないという意味である。

    会議であれ、評価指標であれ、職位であれ、本当に増やす必要があるのであればそれでいい。
    しかし、実際は「それが本当に必要なのか?」と深く問う企業は少ない。

    増やすのは簡単だが、一度増やしたものを廃止することは難しい。

    朝令暮改を良しとしトライ&エラーを繰り返すというやり方もあるにはあるが、いいと思っているのは花火をあげる側だけであり、社員は「またか」と白けていることも多い。

    やたらに増やすというのは考えものである。

    中沢努「思考のための習作」から抜粋) 


    ページの上へ