HOME > サービスご案内 > コンプライアンス > コンプライアンス違反の心理学とノーと言うための自分学

コンプライアンス問題が発生した企業向け コンプライアンス研修

規則やマニュアルが守られないのには「理由」がある。

企業が数字を追うのは必然。 再発防止に必要なのは「ノー」と言う力。
-すべきは「ノーと言う力の強化」- 
「コンプライアンス違反の心理学とノーと言うための自分学」
コンプライアンス対策の最終ゴールは何か?
・・・社員に違反行為をさせないことです

では、社員に違反行為をさせないためにすべきことは何か?

・・・マニュアルの作成?
・・・規則の厳罰化?
・・・誓約書の提出?

違います。
・・・それでは違反は防げません。

以下の事例を見て下さい。

(A)
「こんなものは受け取れない」。東電のあるOBは原発で働いていた七〇年代、旧通産省の検査官からトラブル報告書を突き返された。「原発に傷があることを記録に残せば、安全神話が傷付く」。OBは「傷を記録に残さないことは検査官も了承済み。あうんの呼吸でやっていた」。臨界事故などが隠蔽されていた期間は、国民が神話にだまされていた期間と言い換えられる。
(2007年3月31日 日本経済新聞)

(B)
岐阜県養老町の食肉卸販売業「丸明」がブランド和牛「飛騨牛」を偽って販売したとされる問題で、同社の吉田明一社長らが二六日、同社内で記者会見し、等級偽装のほか、消費期限切れの牛肉の混入、加工日の改ざんなど三点について偽装指示を認め、謝罪した。・・・一連の偽装を招いた原因について、同社の高木晋吾・総括部長は教育体制の不備や社長以下社員の法令意識の甘さを挙げ、「社長の指示に関して、全面的に覆すのが難しかった」と説明した。
(2008年6月27日 日本経済新聞)

(C)
大分県の教員採用試験をめぐる汚職事件で、県教育委員会義務教育課の江藤勝由容疑者=(収賄容疑で再逮捕)=が採用試験で不正を働いた理由を「上層部からの指示を断れば出世ルートから外れる」と供述していることが十日、関係者の話でわかった。
(2008年7月10日 日本経済新聞)

(D)
納期が間に合わないとは言えなかった。無理してでも送りたかった」。輸出規制対象だった炭素繊維の板「PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)板」を無許可で輸出したとして書類送検されたクレファインの元管理部長は、警視庁公安部の調べに動機をこう説明した。・・・「台湾商社との取引は優先度が高く、納期へのプレッシャーも強かったようだ」と警視庁幹部。
(2011年12月10日 日本経済新聞)

いずれも、「(せざるを得ない状況に)追い込まれ、断れなくなる」ことで、起こっています。

  • いくら規則を作っても、断れなければ意味がない。
  • いくら誓約書を書かせても、断れなければ意味がない。

そう、社員が「その時」に「実際に断らねば」、違反は起こるのです。

ではどうするか?
・・・仕事を正しくするために「無理を断る」力をつければいいのです。

ではどうやって断る力を育てるか?
・・・3つのポイントがあります。

<ポイント1>
規則や法律の説明ではなく、人間の心理に焦点をあてた研修を行う。
→理由:「行動するか否か」は当事者本人の心理が大きく作用しているから。

ニュースなどで「組織の上位者からの指示があったから(やむにやまれず)やってはならない行動をしてしまった」という告白をしている様子が報道されることがあります。「なぜ断れなかったのか」と不思議に思う視聴者も少なくないと思いますが、それはその状況の中にいないからそう思えるのであって、渦中にいる当事者の心理はそう簡単には断れないものなのです。
人間は自分の周囲を知らず知らずのうちに気にしており、その意識を行動へ反映させています。人ごみの中で周囲の人の顔をジロジロと見ることは憚られますが、サングラスをかけて自分が相手の顔を見ていることを隠せる状態であれば、抵抗無く他人の顔を見ることが出来ます。
つまり、状況や環境によっては自分の内面(気持ち)通りに行動できるとは限らないという側面を我々は持っている。これと同じことがコンプライアンス違反の心理や行動にも言えるのです。

(出典)http://www.cmp-akademeia.jp/2nd/index.html


<ポイント2>
仕組みやマニュアルの紹介/説明ではなく、「組織の論理」に焦点をあてた研修を行う。
→理由:組織の論理は社員の思考を歪め、「それはおかしい」と思っても相手に異を唱えられなくするから。

コンプライアンス違反は、私たちが持っている「普通の感覚」を職場で持ち続けられれば未然に防ぎ得るものです。それは、事故直後の記者会見等で当事者が謝罪していたり、違反を起した会社の従業員への(顔を隠した)インタビューの様子を見れば、容易に想像できます。
しかし組織の論理に縛られてしまうと、その簡単なことが出来なくなります。
会社や上司から発せられる圧力に押し潰された社員は、心身ともに疲弊し、他を気遣う余裕を失い、本来持っていた「普通の人」としての健全な感覚を鈍らせていきます。そして最後には、「自分は不衛生なものを食べたくない」にも関わらず「その自分が他人が食べる食品を不衛生な状態で作る」というような背反が起こるのです。
(出典)http://www.cmp-akademeia.jp/


<ポイント3>
ビジネススキルではなく、「一個の人間としての力」に焦点をあてた研修を行う。
→理由:断るという行為を邪魔しているのは「組織人としての自分、そういう自分の内面」であり、いざという時に実際に断るためには、組織人ではない「本来の自分、本来の自分としての内面」が必要だから。

-コンプライアンス理解の質はその人の成熟度に依存する-
コンプライアンスの要諦は「当たり前のことを当たり前に」「やってはならないことはやらない」など人として当然のことを守るということにあります。
つまり、コンプライアンスに関する能書きをいくら読んでも最後は「当たり前のことを当たり前にやるということだ」に行き着くのです。
人間のエゴや現実の醜い部分から目をそらさず、矛盾を受け止め、それを自力で考え続けることを可能にする「内面の強さと成熟度合い」がコンプライアンスを理解する程度を左右します。
(出典)http://www.cmp-akademeia.jp/5th/index.html


私たちは、不祥事を起こした企業が二度と同じことを起こさないために「本当に断れる力」をつけるための研修を開発しました。

  • 貴社の社員は社長の指示を断れますか?
  • 貴社の社員は出世ルートから外れるであろうことを知った上でもノーと言えますか?
  • 貴社の社員は納期が間に合わないと上司や取引先にきちんと言えますか?

規則や誓約書でコンプライアンス違反を防ぐことなどできません。
いざという時「毅然と断る」すなわち「本当にノーと言い、再発を防ぐ」ためには、社員の「内面の強化」が必要なのです。

対象 コンプライアンス上の問題に悩む企業。
詳細 お問い合わせ下さい。
備考
  • 全国対応。
  • ご検討の企業様へ資料をお送りします。ご希望の際はお問い合わせページよりご連絡下さい。

本研修のご相談、お問い合わせはこちらへ


ページの上へ